飼い主と犬

犬の皮膚病を予防する方法│犬の習性やエサを工夫することが大切

お別れの場をつくろう

ペットの供養

ペットを失った喪失感をそのままにしておくと、ペットロスになってしまいます。それを防ぐために、茨城にあるペット葬儀を利用するようにしましょう。ペット霊園などもあるので、定期的にお墓参りをすることもできます。

View Detail

日頃のケアで病気を予防

診察

犬の皮膚病を防ぐには普段からのケアが大切になります。飼い主ができることとして、毎日ブラッシングすることが大切です。散歩から帰ってきた犬は、様々な汚れやホコリがついています。そのため、散歩のあとはブラッシングをしてあげることが大切なのです。ノミが犬に付着するのは、室内犬の場合はほとんど公園などの外です。飼い主がノミの駆除を怠ったばかりに皮膚病になってしまう犬がいます。病院なのでノミ駆除を行なうと、とても高額な治療代を要求されることがあります。普段からこまめにケアしてくことで、このような事態になることを避けることができるので、できるだけブラッシングをしておくことが大切です。また、週に一度はシャンプーをしてあげることも大切です。シャンプーをすることで、ブラッシングでは落としきれなかった汚れを綺麗に落とすことができます。犬種によっては肌の弱い犬もいます。犬とシャンプーの相性もあるので、犬専用のシャンプーを使用するのもいいでしょう。また、シャンプーを終えたらきちんとドライヤーで乾かすことが大変になります。このときは完全に乾かす必要はありません。完全に乾かすと、犬の皮膚がカラカラに乾いてしまい、かえって皮膚病の原因になってしまいます。そのような点に注意しながら、ドライヤーを使用しましょう。さらに、たまにはプロのトリマーのところに行って、本格的なシャンプーをしてあげるのもいいでしょう。トリマーは訓練を受けているので、素人が落とせないような汚れも落としてくれます。もちろん、料金は発生しますが、皮膚病になって病院に通うよりは低価格といえます。このようなケアを通して、犬を皮膚病から守ってあげましょう。

気軽にエサを買うには

犬のエサ

ドッグフードはスーパーやペットショップで飼うよりも、通販サイトで買った方がお得です。重いペットフードを運んだりする手間がないので、気軽に購入することができます。また、種類も豊富なので、自分の犬にあったエサを与えられます。

View Detail

飼う前に大切なこと

犬

ゴールデンレトリバーは他の大型犬と比べると、激しい運動をさせる必要はありません。しかし、毛が多いためその管理が大変で、定期的にトリミングさせる必要があります。また、しつけを徹底することが大切です。

View Detail