中年男性と犬

犬の皮膚病を予防する方法│犬の習性やエサを工夫することが大切

飼う前に大切なこと

犬

ゴールデンレトリバーは大型犬として長年人気を誇る犬種です。ゴールデンレトリバーを飼う前に、その性格や習性を理解しておけば、飼ったあとに困ることがないので便利です。大型犬は体の大きさの分だけ運動が必要だとされています。しかし、ゴールデンレトリバーはそれほど激しい運動をさせる必要はないとされています。基本的に適期的にお散歩に連れて行く程度でいいようです。しかし、毛の手入れは楽とはいえません。髪の毛がフサフサしているのがゴールデンレトリバーの特徴ですが、そのため抜け毛が多いようです。抜け毛が多いと飼い主は掃除が大変なので、犬のお世話以外にも家事作業が必要になります。また、ゴールデンレトリバーは暑がりなので、定期的にトリミングしてもらうことが大切です。また、夏場は室内で常に冷房をたいてあげましょう。そのため、エサ代以外にもそのような費用がかかってしまいます。ゴールデンレトリバーに限ったことではないですが、犬にはしつけが必須です。しつけがなされていない犬は、遠吠えをするなどして他人に迷惑をかけてしまいます。また、散歩中に通行人に怪我をさせたりしたら大変です。大型犬なので力が強く、飼い主が女性の場合は、リードを無視して好きな場所に行ってしまいます。もしそれで車にでもひかれたら、大怪我をしてしまい最悪死亡してしまいます。しつけは飼い主やまわりに迷惑をかけないためだけではなく、犬自身の命を守ることになります。そのため、犬は飼われた段階で主従関係を学ばせる必要があります。飼い主のほうが立場が上だということを徹底的に教え込むことが大切なのです。